2005年07月23日

接客と掃除のおばちゃんの狭間

接客業の話。

ある百貨店の掃除のおばちゃんはとてもいい人だった。


休憩所で一緒になると私たちの輪の中に入ってくるのだが


いつもにこにこしながらお菓子をくばるそのおばちゃんは


違和感なく販売員達に溶け込んでいた。



おばちゃん 「私な〜みんなに変わってるな〜とかちょっとおかしいって言われるねん」

販売員A 「えー変わってへんやん!おばちゃんええ人やん!」

販売員B 「ほんまや!誰がそんなん言うん?」

おばちゃん 「同じ職場の清掃員仲間に言われるねん・・・」

私 「そんなん気にしたらダメですよー」

おばちゃん 「若い子らにそんなん言われたらうれしいわ〜ありがとう〜」


そんな会話をした数日後


私はクレーム処理のため早朝出勤になり

いつもより2時間早く仕事場へ向かった。



まだ静けさの漂う百貨店の社員用入り口から


「田中さ〜ん」


誰かが私を呼んでいる。



「田中さ〜ん」



誰だ?




あ、掃除のおばちゃ・・・



おば・・・



ちゃ・・・






誰!?




116.png


汚れた猫の人形抱いて出勤?



私の目に映る掃除のおばちゃんは


明らかに  だった。


なぜ汚れた猫の人形を抱いているのかは聞けなかったが



毎日猫の人形を抱いて出勤していることを


うれしそうに語っていた。



posted by 田中 at 20:05| Comment(11) | TrackBack(0) | 接客業の狭間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月04日

接客ときりんの狭間

接客業の話。


きりんに乗って買い物に来るお客さん


kirin.png


なんて

いなかった。


人気blogランキングへ
posted by 田中 at 03:12| Comment(14) | TrackBack(2) | 接客業の狭間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月27日

理性と本能の狭間

接客業の話。

百貨店内の運送担当しているおっさんがいました。


暇になると店に遊びに来るおっさん。

気持ち悪いことこのうえないおっさん。


5man.png

口癖は 

「5万でどや?」

すれ違う女性店員を見ると

「5万でどや?デートしょーや」


もちろんOKする者などいないのです。

しかし


給料日前に言われると多少心が揺らいだ懐かしい思い出でした。



人気blogランキング参加中
posted by 田中 at 00:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 接客業の狭間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

接客と見合いの狭間

接客業の話。

大阪の百貨店は活気に溢れていました。

そしてその盛り上げ役が大阪のおばちゃんです。

おばちゃんパワーはすごいんです。

「息子のサイズが1つもあれへんわ〜 ここは子供服ですか〜?」

などと、大阪特有の嫌味ギャグをかますおばちゃん。

「この服、何百万円?」

などと、昔ながらのギャグを平然と言ってのけるおばちゃん。

「まけて!2枚買うさかい!消費税分まけてんか?」

と、百貨店でも平気で値切ってくるおばちゃん。



そして


「あんたええ子やわ〜おばちゃんあんたのこと好きゃわ〜」

と、よく買い物帰りに私の店にしゃべりに来るだけのおばちゃんがいました。





doyasa.png


「息子が20歳やねん?どやさ?嫁にどやさ?」

これが口癖でした。


もちろんこれも大阪のおばちゃん特有の適当な口癖の1つなので

「私でよければ嫁にお願いします。」

と、適当に返してました。





こんな会話は大阪では日常茶飯事なのです。



ギャグのようなものなので本気で答えてたら





って







本気!?ていうか双子!?

doyasa2.png


数日後、20歳に見えない息子を本当に連れて来たおばちゃん。


休憩時間に無理やりお見合いさせられた私。


おばちゃんパワーで結婚させられたらどうしようかと本気で悩みました。


そのトレーナー・・・ランキングへ
posted by 田中 at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 接客業の狭間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月18日

接客と履歴書の狭間

接客業の話。


私の働いている店に新人の女の子が入ることになりました。

百貨店で働くには基本的なテストと講習を受けなければなりません。

新人の女の子はしっかり合格しました。

あとは

百貨店のマネージャー面接というのに合格すれば、すぐに店に立てるのです。

よほどのことがない限り、マネージャー面接で落ちることはありません。

履歴書渡して少し話しをして、はい合格!ってな感じです。

店長 「明日、マネージャー面接してすぐにでも店にでてもらうし」

私 「どんな子ですか?」

店長 「ちょっと天然ぽくて、かわいらしい感じかな」

次の日、遅番だった私に店長は言いました。

店長 「落ちた・・・」

私 「え?まじっすか?マネージャー面接でなんかしたんですか??」

店長 「履歴書に問題が・・・・」


rireki.png


どこかおかしなところ・・・・


内容はおかしくないし


字も普通だし


学歴も立派だし


写真の顔もかわいいし



ん?

あれ・・?




猫抱いてる?

rireki2.png


履歴書の写真に自分のお気に入り写真を貼った新人。


店長 「天然ちゅうか・・・あほやん?ありえへんやん?」

私 「え・・・めっちゃおもろいじゃないですか」



私がマネージャーだったら即合格です。



人気blogランキングへ
posted by 田中 at 03:34| Comment(2) | TrackBack(1) | 接客業の狭間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月09日

接客とシェーの狭間

接客業の話。


sye.png


これが出来たら一人前と教わりました。



しぇーランキング
posted by 田中 at 23:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 接客業の狭間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月02日

接客と極道の狭間2

前回のつづき→こちら

恐怖のカジュアルコーディネートをするはめになった私。

見た目は極道。

見た目だけかもしれません。

顔に傷のある普通のお兄さんかもしれません。




息子さんの友達を連れて明日、ハイキングに行くらしい極道さん。


普段はスーツばかりで何を着ていいのか分からないらしく


奥さんから「店員さんにすべて選んでもろたら間違いないわ!」とのこと。

それで私が選ばれたということです。

おめでとう私。


まあ、普通に考えて「ハイキングに行く」=「普通のお兄さん」です。

なにも怖がることはありません。




極道さん 「半袖はあかんで!長袖か7分丈にしてや!」


ヒョエー 確実ですやん!刺青を隠すためですね!


私 「ど、ど、どんな感じがお好みですか・・・?(ドモリすぎ注意報でてます)」

極道さん 「それが分からんさかい、姉ちゃんに頼んどんねん!流行な感じで頼むで!」

私 「あ、は、はい!まかせてください!(チャカはダサナイデー)」


人気商品をとりあえず差し出した私。

試着室へと着替えタイム突入、極道さん。


私 「いかがですか〜?」


極道さん 「おう!着替えたで!」



極道さんが試着室のドアを開け・・・



開け・・・・







私のバカ!服と顔が全く合ってない!

yasan2.png

バカバカ!


私ってば・・・なんてことを!




指詰めるのだけは勘弁してください!


極道さん 「どや?どや?かっこええけ?」

私 「め、めっちゃ!似合ってますよ!」


極道さん 「ちょっと若すぎひんけー?わしいくつに見える?」

えっと・・この風貌からして30代に見えるがここはサバを読んで・・・


私 「25歳くらいですかね?」

極道さん 「お!!正解や!ごっつうれしいわ!30歳とか言われたらしばいとったで!
     ガッハッハッハッハ」

ナイス自分!

サバ読んだ自分に乾杯!自分最高!

極道さん 「またなんかあったらよろしく頼むで!」


それから数回買いに来てくださった極道さん。

何回接客しても怖かったですが、とてもいい人でした。


人気blogランキング参加中
posted by 田中 at 01:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 接客業の狭間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月01日

接客と極道の狭間

接客業の話。

「私に似合いそうな服を上から下まで、すべてコーディネートしてください。」

こんなことを言ってくる客がたまにいます。

すべてを販売員に託すわけです。

託されたほうはプレッシャー満開です。

しかし、このような言葉を言ってくる客というのは

購入意欲満々なので販売員の腕の見せ所でもあります。

うまくいけば高額売上に繋がり、ウハウハるんるん子さんになれるのです。


嫌な言い方をすれば

カモです。獲物です。エリンギです。エリンギではないです。



ある日、

後輩店員 「あちらのお客さんがカジュアルな感じで、すべてコーディネートしてほしいって言ってきたんですけど・・・私、別のお客さんを接客中なので田中さんにお願いしてもいいですか?」


後輩の頼みです。もちろんコーディネートします。

まかせない。

で、あちらのお客さんはどちらのお客さんのことかしら?


あ、いたいた

私 「お待たせ致しました〜 」



って





ギャー!!コロサレル〜

yasan1.png

絶対あちら系のお方ですよね??

無理無理〜

どのようにコーディネートしろと?

命にかかわりません?大丈夫?

小指は覚悟するべき?



恐怖のあまりつづく。


 


人気blog極道ランキング







posted by 田中 at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 接客業の狭間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月27日

接客と店長の狭間

接客業の話。

某百貨店にいたとき、恐ろしく怖いヤクザのような店長が異動になり、

新しい店長が赴任してきました。



その名も



アフリカマン


ahurikaman.png


赴任してきたその日に、隣りの店の販売員が

「新しい店長・・・アフリカ人ですか?」

と真顔で言ったことにより、

アフリカマンとなりました。

もちろんアフリカマン本人は知りません。

頭に鳥を飼っていることも気づいていませんでした。

とても素敵な店長でした。(頭の爆発ぐあいが。)

アフリカマンランキングへ
posted by 田中 at 22:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 接客業の狭間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月24日

接客とケメちゃんの狭間

接客業の話。


私が働いている店にとてもかわいい新人が入ってきました。

その当時7人いた店で一番下っ端だった私。

後輩が出来たと、それはそれは大喜びな私。


しゃべりかたも、動作も何もかも文句の付けようがないほど

かわいい新人、ケメちゃん。

kemeko.png

かわいいので何をしても許されるケメちゃん。

遅刻をしても、客を怒らせても

「新人だからね〜」と

男販売員達から許さるケメちゃん。


「お前が、教育係だろ」と

店長から怒られる私。

したがって必然的に私が一番下っ端。

しかたないですね。

ケメちゃんがあまりにもかわいすぎるから。



しかし残念なことに

「客がうざい〜、立ち仕事だるい〜」

と、言い残し

1ヶ月で辞めてしまいました。

かわいすぎるからしかたないですね。


男性販売員達、それはそれは辛かったでしょうね。


そんなケメちゃんがある日、店にやってきたのです。

私が下っ端を卒業し、すでに後輩が2人も出来たころに

ケメちゃんはやってきたのです。




「もう一度、ここの店で働きたいわ〜」



男性販売員達はケメちゃんに釘付けです。



いや、女性販売員達も・・・・って



誰!?本物!?

kemeko2.png


ケメちゃんに何があったのかは知りませんが、


とても幸せそうでした。


人気blogランキング栗ーック
posted by 田中 at 22:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 接客業の狭間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月23日

接客とピンクのおじさんの狭間

接客業の話。

京都の某百貨店で

ピンクのおじさんを目撃しました。

pinku.png

かなり目立った格好で、行動もおかしいピンクのおじさんは店内中の注目の的。

「見て見てーめっちゃ全身ピンクのおっさんおる!」

「林家ペー!?」

と、それはもう芸能人顔負けの人気ぶり。

そして次の日もピンクのおじさんが現れたのです。

「どれだけピンク好きやねん」

「絶対、林家ぺー、パー子のファンやで」

「ピンクに情熱を注いでるねんて!」

と、好き勝手な言葉が飛び交う店内。

もちろん明日もピンクのおじさんの来店を期待する販売員達。




それから3日後、ピンクのおじさんが現れ・・・








あれ!?
midori.png

みどりのおじさんに変身した模様。

「みどりやん!むしろエメラルドグリーンやん!」

「林家ペーちゃうやん!」

と、店内大爆笑です。





それから数日後







レベルアーップ!

kiiro.png

黄色のおじさんにレベルアップしました。

「めっちゃおもろい!」

「全身同色にこだわりがある人やねん!絶対そうやで!」

「あれが、あの人にとってのお洒落やねん!」

と、全身同色おじさんはすでに店内の人気者。

思考回路がおかしくなり、

「こだわる男はかっこいい!」と発言する販売員まで現れる始末。




そして数日後、人気者のこだわりお洒落おじさんが現れ・・・・








こだわってない!

toridori.png


みんなの頭が麻痺していたのです。

オシャレなわけないやん・・・・



人気blogランキングクリックするボタン












posted by 田中 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 接客業の狭間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月19日

接客とエリアチーフ

接客業の話。

私の店の斜め前に10代に人気の有名レディースブランドがありました。

そこのレディース店には5人の販売員がいたのですが全員、美人

百貨店の優待セールなんかがあると、ヘルプ(応援)が数人来るのですが、

それまた美人ぞろい。

ある日の優待セールの前日、その人気レディースブランド店の販売員Eちゃんが泣きそうな顔で私のところへやって来ました。

Eちゃん 「明日の優待セールにエリアチーフがヘルプに来るねん・・・」

私 「エリアチーフが来るんやー 嫌なん?」

Eちゃん 「嫌や・・・めちゃめちゃ売る人やねんけど、めっちゃ怖いねん・・・」

私 「エリアチーフって販売もするん?」

Eちゃん 「昔は一番大きい店の店長やってんけど関西売上げNO1になってエリアチーフに昇格してん・・・だから今でも現役バリバリ・・・」

私 「へー すごいなー 」

Eちゃん 「憂鬱・・・」



Eちゃんの憂鬱ぶりからすると、エリアチーフは美人で冷酷な感じなのでしょう。

昔、関西でNO.1の売上げだったエリアチーフを私も見てみたいものです。

そして、他店ではあるが接客術なんかも盗んでみたい気持ちになります。


優待セール当日、Eちゃんには悪いが


エリアチーフの登場を心待ちにしている私。




「いらっしゃいませ〜」



お!あの聞きなれない声はきっとエリアチーフ!




エリアチー・・・・










妖怪!?


guroko.png

こ、こわっ!

普通にこわっ!



落ち着け・・・よ、よし!


接客術を盗まなければ!








って




やっぱり怖いです


guroko2.png


客、怖がってます。






「私も同じ服買ったんですよ〜」

って・・・

妖怪と同じ服なんて着たいわけがありません。


しかしあの顔とド迫力な声で迫られて断りきれずに買ってしまう客。



NO1のすばらしい接客術を勉強させていただきました。


人気blogランキング参加中
posted by 田中 at 23:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 接客業の狭間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

接客とライオン君の狭間

接客業の話。

よく店に来る明るくて活発な大学生の常連客がいました。


raion.png

頭が特徴的なお洒落好きのライオン君。

いつもあほなことばっかり言っては販売員達を和ませてくれていたライオン君。

そんな彼が就職が決まったと挨拶にきてくれたのです。

とてもいい奴なのです。

ライオン君 「就職決まったんすよ!」

私 「すごいやん!髪の毛はどうするん?」

ライオン君 「もちろん切りますよー!試験と面接のときはストレートにしてごまかしたんすよ!就職となったら バッサー切りまっせ!」

私 「なんかさみしいな〜切ってしまうんや・・・」

ライオン君 「就職先が仙台なんで、ここにもしばらく来れないっす。」

私 「うそーん さみしいわー」

ライオン君 「こっちに帰ってきたときは絶対に田中さんの顔見にきますんで!」



あほなことばっかり言っていた彼も社会人になってしまったのだなと、

ほんの少しだけ寂しい気持ちにもなりました。

そして彼は仙台へと旅立ったのです。



それから月日は流れ半年以上経ったある日、


ライオン君が店に遊びに来てくれたのです。




ライオン君 「お久しぶりです」




ラ、ラ、ラ、ラ、ライオンくーーーん!!(感動の再会をイメージ)











・・・では・・ないよね!?(気持ち悪っ)


raion2.png

ヒョウタン君!?

野菜か何かを束ねた君?

え?誰?


ライオン君 「仕事辞めたんですよ」

私 「え・・・そうなんや・・・(あまりの変貌にどう対応していいか分からない私)」

ライオン君 「僕はですね、絶対的存在を見つけたのですよ。そこで今、修行してるんですよ!」


宗教!?

私 「へー・・・絶対的・・・存在・・・を・・・見つけたんや・・・」

あ、あかん・・・心臓の鼓動がもっすごい速さでこだましてる・・・

落ち着け自分。

ライオン君改めヒョウタン君 「 です!僕らの中のです!」

2回言った??僕らの中の神・・・?

あれ・・ちょっとしゃべり方も変わってる・・・



ヒョウタン君 「田中さんもどうですか?よかったら話だけでも聞いてみません?人生観が変わりますよ!」

勧誘!?


仙台で何があったのー!

もどってこーい。

彼は仙台より遥か遠いところへ行ってしまったようです。

寂しさ通りこして、恐怖でした。



人気blogランキング参加中
posted by 田中 at 00:07| Comment(3) | TrackBack(0) | 接客業の狭間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月12日

接客と社員2

前回のつづき→こちら



どこか旅行へ行くと必ずお土産を買ってきてくれる紅子さん。

他の人達は定番のクッキーやチョコレートなどをもらっていました。


しかし

私は特別扱い。


気に入られている特権です。



最初の頃はちょっとしたキーホルダーだったのですが、


だんだんレベルアップしていき


レベル100に達した私への土産は







ジャーン 「THE USJ Tシャツ!」

miyage1.png


い、い、いらなーい。


いつ着たらいいんですかー?

むしろクッキーが食べたーい!

紅子さん 「田中ちゃんだけやからみんなには内緒やで!」

とてもいい人なんです。紅子さん。




そして別の旅行へ行った紅子さん。



紅子さん 「またまた田中ちゃんだけは別のお土産買ってきたからみんなには内緒やで!」


私 「えー いいんですかー!すごい大きいじゃないすか!(クッキーでいいのに・・・)」






って






なんじゃこりゃ!?


omiyage2.png


でかっ!

家に飾るべき!?

魔よけ??


紅子さん 「小さいのもあったんやけど田中ちゃんやし一番大きいの買ってきたしな!」

私 「ありがとうございます・・・」


紅子さん本当にいい人だったんですが、お土産だけは恐怖でした。

1回でいいからクッキーを食べたかったです。


人気blogランキング参加中


posted by 田中 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 接客業の狭間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月11日

接客と社員

接客業の話。

百貨店の中で働いていると百貨店の社員と親しくなります。

で、京都の某百貨店の婦人肌着売場のおばさんこと紅子さん。

obasan.png

私の事を気に入ってくれていた紅子さん。

常に朝からテンションが高く、

「田中ちゃ〜ん おはよ〜さ〜ん」と

抱きしめられるんじゃないかという勢い。

そんな紅子さんは旅行好き。

旅行に行くと必ずお土産を買ってきてくれるのです。

obasan2.png

とてもいい人です。

他の人にはお菓子セット。

しかし私だけは特別扱い。

いつも別の特別スペシャル土産をこっそりくれるのです。

感動ですね。

とても感動です。

感動で涙がとまらないので、つづく。


人気blogランキング参加中
posted by 田中 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 接客業の狭間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月09日

接客とリンゴの狭間

接客業の話。

百貨店にはいろんな人が来ます。

買い物目的ではなく暇つぶしに訪れる客も少なくありません。

常に体臭をプ〜ンと撒き散らしながらしゃべりにくる体臭おじさんがいました。

女性販売員がいる店を順番にまわり、会話を楽しむ体臭おじさん。

私の店にもよくいらっしゃいました。

もちろん何も買ってくれません。

暇つぶしの会話をしにくるだけです。


体臭おじさん 「がんばってるか〜」

プ〜ン

私 「あ〜こんにちわ〜 ( くさっ ) がんばってますよ〜」

体臭おじさん 「腹減ってへんか?」

私 「めっちゃ空腹ですよー ( くさっ )」


体臭おじさん 「おー!グッドタイミング!」



グッドタイミング・・・・?


体臭おじさん 「よっしゃ!」



よっしゃ・・・?




わぉ!


ringo.png


う〜ん!グッドタイミング!で

イタダキマース


っていらんわ!


私 「店では食べれないんで・・・気持ちだけ・・・」

体臭おじさん 「休憩で食ったらええし!」

食べかけやしいらんわ!

って

食べかけじゃなくてもでもいらんわ!



しかし、強制的にりんごをもらってしまった私。

捨てるのは失礼なので違う店の男の子にあげました。

もちろん体臭おじさんから貰ったものだとは言わずに。



人気blogランキング参加中
posted by 田中 at 01:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 接客業の狭間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月06日

接客と子連れママの狭間

接客業の話。

赤ちゃんを連れて洋服を買いにくる客(ママ)がいます。

これは普通です。

私は子供嫌いではないのですが、子供の相手をするのが苦手です。

同じ店の店員達は赤ん坊と楽しそうに遊んだりします。

「わ〜かわいいでちゅね〜 いない、いないばあ〜」

こんな感じで。

私はそれができません。

しかし、これも大事な接客なのです。



だからママの前では 「かわいいお子さんですね〜」

ぐらいは言います。

さらりと言ってのけます。

ある日、赤ん坊を抱っこしているママを接客しようとしました。

私 「よかったら御伺いしますのでね〜(笑顔)」


ママ 「はい〜 ありがとう〜」


赤ん坊はママと向き合いながらキャッキャ言っている。

ママもうれしそうにキャッキャ言っている。

顔が見えないので「かわいいですね〜」はまだ早い。

私 「お子さんお幾つですか?」

ママ 「1歳になったばかりなんですよ〜(激愛顔)」

私 「そうなんですか〜(さ〜お子さんネタでママを盛り上げて接客準備に!)」

ママ 「おねえさんにあいさつしましょうね〜」


ほらきた〜!


赤ん坊がこっちを向いた瞬間に

「かわいいですね〜」と褒め褒め作戦!





自分自身にせーの!







「かわい・・・・」









朝青龍!?

babu.png

うそーん!赤ちゃんですでに力士!?



私の顔普通ですか?

硬直してません?

大丈夫ですか?

心臓バクバクですよ?


早く何か言わなければ!




がんばれ自分。

負けるな自分。


はい、せーの!


私 「とても健康そうなお子さんですね〜・・・・」


これが精一杯でした。

人気blogランキング参加中
posted by 田中 at 01:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 接客業の狭間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月02日

接客とライブの狭間

接客業の話。

よくTシャツを買いに来てくれる常連の学生がいた。




takuo.png


学生 「俺バンドやってるんすよ」

私 「へー そうなんやー!」(常連なのでタメ口)

学生 「今日ライブやるんで来てくれませんか?」

私 「ライブやるんや!すごいやん!」

学生 「俺らのバンド、バリかっこいいすよ!!まじお願い!来てください!」

私 「どんな感じの音楽なん?」

学生 「ハードロックっす。パンクも入りつつみたいな?」

私 「ライブハウスやんな?客がダイブしたり暴れたりせーへん?」

学生 「うーん ノリノリになったらありえますわ!」

私 「今日か・・・間に合いそうやったら行くわ」

学生 「待ってますし!」

 

普通なら丁重にお断りするのだが、常連の客ということもあり、

ていうか、ちょっと興味もあったので同じ店のTちゃんと見に行くことにした。

残業で少し遅刻だが、彼らの出番には間に合う予定。


小さいライブハウスだったので少し心配な私とTちゃん。

仕事帰りということもあり、熱気ムンムンで中高生暴れまくりを想像するだけで

疲れてくるのである。

Tちゃん 「辛くなったら帰ろうな」

私 「途中で抜けても大丈夫やろ」

と、こんな会話をしながら


気合を入れていざ突入!


丁度、学生の彼が歌っていた。




彼が言っていた通りかなりハードだ。

奇声を発している彼。

跳ねている彼ら。(彼とギター&ベース)

無我夢中で熱唱しているのが充分すぎるほど伝わってくる。



しかし下手・・・・

聞いてるのが苦痛。



聞いてるのが苦痛以前に・・・・






客がいない・・・


takuo2.png

彼らが熱唱すればするほど切なくなる。


Tちゃん 「帰りたい・・・」

私 「うん・・・でも 帰ったらバレバレやな・・・」




人気blogランキング参加中












posted by 田中 at 04:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 接客業の狭間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月31日

接客と出会いの狭間

接客業をしていると出会いがあります。

しかもメンズを扱っている店には「男」

うじゃうじゃうんじゃらげです。はんじゃらげです。

客から告白されている販売員を何人も見ました。


私も数年販売員をやっていたので


もちろん何百、いや、何十、いや・・・数人からの誘いを受けました。






常連客から食事に誘われたりとか




otoko1.png  (営業マンのやまもっさん)




自称金持ちからディナーに誘われたりとか


otoko2.png(常にちょびヒゲ)







ときにはプレゼントなんかもらっちゃたりしちゃったり


otoko3.png(閉店間際に必ず現れるおっさん)






友達からお願いします!のようなベタベタな告白されたり






されたり・・・・



otoko4.png(いじめられっこのモヤシくん)





いや〜モテモテで照れちゃうな〜

接客業バンザイ!

って


切ない・・・


人気blogランキング参加中
posted by 田中 at 03:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 接客業の狭間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月30日

接客と覆面の狭間

接客業を数年していると面白い客や変な客をいっぱい見ます。

笑いたくもないのに笑顔を作ったりもします。

面白くないギャグを言う中年男性にも愛想笑いをします。

ギャルのギャル会話にも笑顔でギャルギャルします。


しかし、全く笑顔すらでないときがあります。





どんなとき?


こんなとき

fukumen2.png



修学旅行生がウキウキ気分で覆面攻撃。

覆面攻撃は残念ながら数回経験しているので全く笑えません。

後ろでは爆笑しながら販売員の反応を楽しんでいる仲間達が必ず存在します。

彼らは買い物をしないで邪魔をしにきてるわけで

これに笑ってしまうとしばらく居座ってしまいます。

だからこっちは素の反応で対応します。


だからこんなことはやめましょう。




ていうか



本当は心臓に悪いのでやめてください。





おもしろくなくて笑えないというより




fukumen1.png


びっくりして学生の思う壺になった自分が悔しいだけでした。


人気blogランキング参加中
posted by 田中 at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 接客業の狭間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。